PEOPLE 人を知る

経営者に、後輩に、向き合う覚悟があるか。
リーダー/ヘルスケア支援部
2018年入社
小川 裕樹OGAWA YUKI
人を包み込む、一流のコンサル
リーダー/ヘルスケア支援部
2018年入社
小川 裕樹OGAWA YUKI

自分自身を商品に

なんとなく公務員志望だったのが、就職活動で出会った人材系スタートアップベンチャーの長期インターンで考えが180度変わりました。仕事の裁量権があることの楽しさ、自分でお金を稼ぐことの難しさを感じた良い機会でした。そこから自分の市場価値を上げることに軸足を置き、自分自身が商品として売り出せる船井総研が一番力がつきそうだと考え、入社を決めました。

周囲の助けのもと
最速でリーダー昇格

自分が最速でリーダーに昇格したのは、上司のサポートがあってこそです。入社して4ヶ月目のキャリア面談で「小川さんなら最年少リーダーになれる」と言われた時、「リーダー?私が?」というのが正直な気持ちでした(笑) しかし上司は本気で、年内に私が8社のクライアントを担当できる計画を練り、実際に1年目から主担当としてコンサルティングすることになりました。

治療院1,000院に導入した実績のあるソリューションが社内にあるとはいえ、最初は不安しかありませんでした。それでも、自分に期待してくれている先輩と、何よりも自分にお金を払ってくださる経営者の為に、全力で向き合う覚悟を決めました。

まずは「先輩を活用すること」を意識し、Webなら〇〇さんに頼る、業界知識なら◇◇さんに聞く…と、先輩を余すことなく頼っていきました。そして、院長とはとにかく真摯に向き合い「約束を守ること」「保身のための嘘をつかないこと」「毎日連絡をとること」を徹底し、業績の向上にコミットしました。現在は当初の売上の3倍以上、社員の数も倍以上となり、地域一番店クラスに。今でもお付き合いしている大切な支援先となっています。

人生を背負うつもりで
マネジメントに挑む

現在はリーダーとして、治療院コンサルティング以外にも経営研究会の運営やチームメンバーの育成を任されています。早期でリーダーに任命いただいた分、同じ役職者の中でも圧倒的に経験が足りません。それでも過去の実績を信用いただいた結果の今であり、だからこそ信頼に変えていく必要があると考えています。

そして、こんな若いリーダーに就いているからこそ、成果・定性面・定量面全てにおいてロールモデルであり続けないと、その人や親御さんに申し訳ないと本当に思います。メンバーに対して人生を背負うつもりで向き合いたいと思いますし、中途半端な気持ちでマネジメントに関与しないつもりです。

感謝の積み重ねが、自分の新たな道を拓く

市場価値が上げられる仕事として船井を選びましたが、今まさに「自分にしかできない仕事」をしている実感があります。入社当初と比べると仕事内容は濃くなり、これは「自分が助けられる人が増えたということ」だと認識しています。ご支援先から感謝されるたびに、ご支援先の社員、その家族、エンドユーザーに良い価値を提供できている証だと受け取っています。20代のうちにここまで世の中に大きな影響を与えられる仕事はそうありません。

私のキャリアはいわゆる「積立型」です。目の前の業務に120%真摯に取り組んだ結果、自分の視野が広がっていた…そんな歩み方をしてきました。これからも、メンバーの自己実現を支えていくこと、ご支援先である治療院の業績を伸ばしていくこと、経営研究会を盛り上げていくことに専念していきたいです。その先の景色が広がったら、また興味があること・期待していることに向き合っていく、その積み重ねを楽しんでいきたいと思います。

VOICE / 他己紹介

  • ヘルスケア支援部
    マネージャー
    宮澤 駿

    小川さんは入社と同時に私のチームにローテーション配属として合流してくれました。当時、パソコン操作は人差し指2本で打っていた頃が懐かしいです。そんな小川さんの最大の長所は船井総研の成功の三条件(素直・プラス発想・勉強好き)を兼ね備えていることです。そして、そのレベルが高いことがさらに素晴らしい点です。任せた仕事は的確にアウトプットしスピードも抜群で、すぐにメンバーから信頼を得て気づけば最短タイ(入社3年目)でリーダーになっていました。現在は、数字面だけでなく定性面も模範となり、グループの中核を担う存在になってくれています。そんな小川さんのことは、心から尊敬をしています。

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY