理学療法士から「医療支援部」の
経営コンサルタントに転身した
先森が教える

医療経営
コンサルタントの
実態

INTRODUCTION
Q01. 医療経営コンサルタントって、どんな仕事をするの?医療経営コンサルタントって、どんな仕事をするの?

私は現在、自らの現場経験とキャリアを活かして、整形外科クリニックのコンサルティングを担当しています。
全国的に高齢化が進行していますから、医療・介護事業のニーズはどんどん拡大しています。ところが、医療・介護機関によっては、患者さんや利用者さんが満足できるような診療・治療を提供できていなかったり、地域のニーズに対応できていなかったりすることもあります。
そこで、私たちは多くの地域の方々が医療・介護サービスを享受できるように、医療・介護機関の業績向上を軸としてコンサルタント業務を行います。
具体的には、患者さんが医院の存在を認知し通院できるような導線を設定したり、診療・治療・リハビリの質が向上できる体制を整えたりします。

Q02. 前職の経験は活かせていますか?前職の経験は活かせていますか?

前職が理学療法士で、整形外科クリニックや介護分野でのリハビリを経験していたため、その経験が活かせていると思います。
医療・介護現場の実態やリハビリについては、業種を問わず相談を受けることもありますので、様々な業種の方と関わって仕事ができます
これは、医療・介護現場ではなかなか味わえない経験なので、非常に刺激があり、弊社の魅力だと思っています。

Q03. 逆に、前職と違って戸惑ったことは?逆に、前職と違って戸惑ったことは?

前職との違いで一番戸惑ったのは、スタッフ目線から院長目線で物事を考えることです。
最初はリハビリの現場でやってきたことで良かれと思っていたことが、院長はもちろん、看護師・受付の目線では良くないケースも多くあります。
また、医療従事者であると、患者さんへ向けての良い医療の提供は前提ではありますが、業績を上げることも同じくらい真剣に考えなければいけません。そのため、お金への関心がなかった私にとっては戸惑いを感じる点ではありました。
ただ、難しく考えなくても、臨床現場では身体の状態や日常生活を評価基準にしていたものを、売上や通院される患者さんの人数に置き換えるだけです。
根本としては、現状をしっかり観察して、お客様のことを一生懸命想い、現状をより良くしていこうと考えることができる方であれば、どんな職種やキャリアをお持ちの方でも必ず対応できると思っています。

Q04. イメージと実際で違ったところは?イメージと実際で違ったところは?

私の場合、コンサルタントのイメージが乏しかったため(笑)、実状とのギャップは特になかったのです。
一般的なコンサルタントのイメージがもしかしたら、皆さんお持ちかもしれませんが、院長先生をはじめとして、現場の方と関わりをしっかり持ち一体感を感じながら仕事ができるんだと感じながら、コンサルタント業務をさせて頂いています。

Q05. コンサルタントって、ハードワークではないですか?コンサルタントって、ハードワークではないですか?

私が入社する前は残業が多かったようですが、ここ数年で「働き方改革」はもちろん、「リモートワーク」が大きく進んでいます
そのため、コンサルタント業務の時間はもちろん、移動時間も含めた業務時間は多く感じません。医療機関へお伺いする際は出張しますが、お付き合い先も全国各地にあり食べ物など楽しみが多いです。
また、ひとつの場所で同じ時間勤務していた医療機関と異なり、仕事をするスケジュールが自分でコントロールできることは大きなメリットです。

Q06. やりがいを感じるのはどんな時ですか?やりがいを感じるのはどんな時ですか?

ありふれている言葉かもしれませんが、臨床現場では1対1で患者さんと向き合う中で、患者さんの身体の状態や日常生活が良くなることにやりがいを感じていました。
コンサルタント業務では、医院の業績を向上するが生業であり、それが達成され、仕事のやりがいを感じることができます。しかし、院長先生はもちろん、医院に勤務されているスタッフさんの人生に関わりますし、治療に通われる多くの患者さんの人生にも治療とは違う形で関わることになります。
臨床現場と違い、患者さんひとりひとりから、医院全体、さらには医療業界にも影響を与える可能性があることは責任を感じると同時に、大きなやりがいに繋がっています

実際の支援の現場をご紹介

今回は、病院のご支援。 診療の質と売上の向上を目指してのご支援で、現在注力して取り組んでいるテーマが 『理学療法士による運動器リハビリテーションの立ち上げと強化』です。 もともと、PTがいなかった病院様で、PTを2名採用し、先月から運動器リハビリテーションが始まりました。今回が5度目のご訪問です。

病院に到着

病院に到着。スタッフのみなさんに挨拶をし、本日のご支援が始まります。

11:15

現場視察

診療中の現場を見させていただきます。患者さんの待ち時間は適切か? リハビリがうまく提供できているか? 診察補助がうまくできているか? など、現場を実際に見ることで気づけることが多くあります。私は医療機関での勤務経験があるので、現場の方々の動きを適切に把握したり、スタッフさんとのコミュニケーションをとったりしやすいです。

11:30

休憩・昼食

こちらの病院では、院長、スタッフさんと一緒に食事をさせていただいています。仕事以外の話題で盛り上がったりしつつ、スタッフさんとの関係性を深めていきます。

12:30

ミーティング

昼食後、スタッフ全員でのミーティングを行います。コンサルタントから病院の今月のレセプト数値、新患数、リハビリ単位数など、病院経営の重要なポイントをスタッフの方全員にお伝えします。その内容をもとに、来月以降の取り組みや現場での課題解決について、共有していきます。

全国の病院の現場を見ているので、他院でうまくいった事例を共有しながら行うと、よりミーティングが活性化していきます。また、こちらの病院様はリハビリ強化がテーマですので、PTさんとのコミュニケーションが非常に重要です。専門職であるPTを多数まとめあげるのは医師にとって大変なことですが、私自身セラピストである視点を活かして、スタッフさんや医師に納得いただける提案を行っています。

13:00

院長とのミーティング

今回の支援の振り返り、今後の方針などの打ち合わせをします。この日は主に、年内のPT採用計画について。年内にPTを5名まで増員させることとなり、採用サイト・ 採用媒体の内容の見直し、応募数、アクセス数などを話し合います。スタッフには相談するのが難しい院長の悩みを聞くことも多いです。

できるだけ早く院長の目指す病院になっていけるよう、スピード感を持って進めていきます。

14:00

終了・帰社

支援終了。会社に戻り、本日の支援内容やミーティングの議事録をまとめて院長に提出します。この日は、帰社して会社の同僚と食事でした。風通しがとてもよく、お互いに刺激しあえる社員がたくさんいることも船井総研のいいところです。

16:30

先輩社員紹介

CONSULTANT

現場のスペシャリストとして医院経営へ貢献現場のスペシャリストとして医院経営へ貢献

小栗 陵太
地方病院 元理学療法士

理学療法士として医療法人に所属し医療・介護分野を幅広く経験。整形外科外来のリーダーとして、スタッフ育成や患者マネジメント、事業立ち上げの他、新規患者増加に向けたマーケティング活動などの業務に従事。船井総研入社後は、現場経験を生かし集患対策から現場マネジメント、リピーター増加に至るまで、徹底して患者ロイヤリティを中心に据えたコンサルティングを展開。

経営者のビジョンをサポート

前職では理学療法士として医療・介護等幅広い分野に関わり、その後整形外科外来を中心に従事していました。良い医療を沢山の方に届けるということをコンセプトに掲げ院内外のマーケティング活動を行っていく中でコンサルタントという道に出会い、転職を決意いたしました。現在は、整形外科クリニックを担当させていただいており、マーケティングやマネジメントといった経営のサポートを行いながら、経営者である院長先生の掲げるビジョンの実現に向けて充実した時間を過ごしています。

現場経験を活かしながら成長できる環境

船井総研の医系コンサルタントには医療業界出身者が多く、これまでの現場経験を活かしながら成長できる環境が沢山あります。さらに整形外科に限らず数多くの業界のコンサルタントから、経営について学ぶ環境も豊富にあり、挑戦することが好きな人が、存分に力を発揮できる環境が整っています。

現場にいた専門職だからこそできる実行支援現場にいた専門職だからこそできる実行支援

勝彦
地方病院 元作業療法士

前職は、作業療法士として、急性期~回復期の脳神経外科病院に勤務。
現場でのリハビリテーション業務を行う傍ら、大学院に進学して研究を実施。
修士課程修了後に、船井総研入社。
現在は、臨床経験も活かし、業績向上、医療の質向上のために、運動器リハビリの立ち上げ・活性化、集患対策、マネジメント、診療効率化などクリニックに対して様々なテーマでのコンサルティング業務に従事している。

理事長・院長が描くビジョンの実現へ

現場経験は強みでありますが、私たちは院長や理事長といった「経営者」の想いをサポートすることが求められます。
現場の一職員では実現が難しいことでも、経営者と共に歩み、伴走することで、現場で働くこととはまた違った形で地域医療への貢献ができるため、充実した日々を過ごしています。
医療に対する新たな視点が生まれたのも事実です。
また、親身になってくれる先輩や素晴らしい経営者様、業界の最先端をいく先生との出会いにも恵まれ、楽しく仕事をすることができています。

やりたいことを後押ししてくれる

船井総研は挑戦したいことがあれば、先輩がバックアップしてくれます。
コンサルタントが未経験でも、一から学べる環境です。
もちろん、自律や与えられた役割の遂行も求められますが、責任をもって行動すれば、やりたいことにも積極的に取り組むことができます。
世界一自由な会社を目指す船井総研は、とても働きやすく、自分らしさや自分の長所を発揮できる場だと実感しています。

最高の医療現場と経営者の夢を具現化最高の医療現場と経営者の夢を具現化

宮川 祐樹
製薬企業
元MR(Medical Representatives)

前職では大手製薬メーカーのMRとして、基幹病院・中小病院・クリニックを担当。経営問題に困窮するDrや、よりリアルな臨床現場での問題点を目の当たりにし、多角的に医療現場の価値向上に貢献すべく船井総合研究所に入社。入社後は、内科領域、特に内視鏡内科・消化器内科に特化したコンサルティングに従事。「Drが臨床に専念できる最高の医療現場」を構築することを第一目標として掲げ、増患対策や効率化を中心に、即時業績アップ実現のためのコンサルティングを展開している。

経営者の想いに寄り添う伴走者

前職におけるMRとしての活動を通して私が感じたことは「医師でもある経営者の悩みは多岐に渡る」ということです。しかし、当時の私にできることは、医薬品の提案だけでした。そんな自分の無力さを痛感し、医療現場の価値向上と、医師かつ経営者の伴走者となるべく、経営コンサルタントへの転職を決意しました。現在では、医療現場や経営者の課題を包括的に解決し、ビジョンの実現に寄与できるよう、様々な角度からサポートを実行しています。素晴らしいお客様・上司・仲間に恵まれたこともあり、日々強いやりがいと使命感を持って仕事に取り組むことができています。

全て「自分の責任」で処理できる環境

船井総研は、企業に属しながらも高い自由度で仕事ができる環境が整っています。そのような環境で特に身につく力は「圧倒的自責思考」だと思っています。勿論、上司や先輩は最大限のサポートをしてくれますが、最終的にどのようなコンサルティングを展開していくかの判断は全て自分自身で行います。自分で責任を取る環境があるからこそ自発的に挑戦ができるため、「自分の力を試したい」と思っている方には、この上ない職場だと感じています。

中途採用ENTRY

お気軽にお問い合わせください。

担当:人財開発部
[ お電話でのお問い合わせ:03-6212-2929
/受付時間:平日10:00~17:30 ]

船井総研について

ABOUT
過去5年間の成長率
116% 116%

東証1部上場企業の
平均成長率3.1%と
比べて
高い成長率を
誇る

研究会会員数
5,000社以上 5,000社以上

日本最大級の
会員数
幅広い顧客ネットワークを持つ

コンサル対象業界
100以上 100以上

業界・テーマに
特化した
第一人者が集結し
経営者を支援

社員平均年齢
29.5歳 29.5歳

人財教育体制の充実による
早期戦力化により
多くの若手が活躍

船井総研 医療支援部が
求める人財

TALENT

現在、医療・介護・福祉・教育支援部には、コンサルタント約130名が所属しています。新卒採用が約70%、中途採用が約30%です。中途採用は、医療業界出身者だけでなく、医療業界未経験者も含めて行っています。

求める人財

  1. 医療業界を良くしたいという熱い思いをお持ちの方
  2. 医療業界を良くするために「経営」面からアプローチしたい方、経営に関心がある方
  3. 医療業界の経営者(理事長・院長など)の視点に立って
    考えられる方
  4. 勉強好き・新しい知識や経験を吸収することに貪欲な方

私たちのフィールド

私たちは医療分野で、下記の分野で、それぞれ専門特化したコンサルティングを提供しています。

病院
クリニック(整形外科・
内科・
耳鼻科・眼科・皮膚科等)
歯科クリニック
在宅医療(クリニック・
訪問看護・訪問歯科等)
調剤薬局
整骨院

キャリア採用の
先輩コンサルタントより

元 理学療法士

現場での活動経験は、経営サポートの際に「先を見せる」ための大きな力になります。経営者の目指す医療の実現に向けて、一緒に成長していきましょう。

元 作業療法士

現場経験は、現場の問題発見や実行支援を行う際に、大きく役立ちます。医療現場で勤務されていた医療専門職の方(PT、OT、ST、Ns、MSW等)、大歓迎です。どんな働き方をしているのか知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

元 MR

「Drとのコミュニケーション経験が豊富にある」ということは、大きな強みになります。「営業担当」から「経営者の伴走者」へとステップアップし、より良い医療現場を実現できるコンサルタントを一緒に目指しましょう。

船井総研 医療支援部の
コンサルティング5つの特徴

FEATURE
FEATURE01

現実主義現実主義

私達は医療分野に専門特化してコンサルティング活動に従事しています。日々全国のクライアント様の現場で生まれる生の成功事例や失敗事例に向き合っているため、豊富な現場事例がドンドン蓄積されていきます。日々刻々と変化する現場最前線の生の変化(繁盛ルール)を把握しながら、クライアント様へ提案しております。これからも私達は現場主義を大切にコンサルティング活動に従事していきます。

FEATURE02

長所伸展長所伸展

短所是正ではなく、長所を伸ばすことが船井総研のコンサルティングの伝統です。自院ならではの強み(長所)を作り、自院ならではの強み(長所)を伸ばすことが業績アップにつながります。例えば、病院のコンサルティングで、伸びている診療科と伸び悩んでいる診療科があったとすると、不調の診療科を「普通」にすることよりも、伸びている診療科を、更に突出して伸ばします。それはコンサルタント育成でも同じこと。それぞれ皆、長所もあれば、短所もあるもの。上司は短所を是正するよりも、長所を伸ばして、活躍できるコンサルタントに導いてくれます。

FEATURE03

社会性と収益性のど真ん中を追及社会性と収益性のど真ん中を追及

私たちが追求しているのは、「社会性と収益性のど真ん中」。医療機関だからと言って、数字はどうでもいい、赤字を垂れ流してもよい筈はありません。一方で、収益性だけを目指すのももちろん違う。地域の患者さんや地域社会に最大限の貢献をすることと、健全な経営体としての収益を確保すること、この2つを同時に追求しています。

FEATURE04

鳥の目・虫の目鳥の目・虫の目

私たちが目指しているのは、日本の医療をより良くしていくこと。そのためには、鳥の目で、日本の医療を見つめることが必要です。しかし、私たちは大上段に政策提言をして、日本の医療を変えていくのではありません。1件1件の医療機関と向き合いながら、1人1人の理事長先生、院長先生と向き合いながら、もちろん、スタッフさんを巻き込んで、1件1件の医療機関を変えていきます。

FEATURE05

長いお付き合い長いお付き合い

船井総研のコンサルティングの特徴は、10年を超える長いお付き合い。コンサルティング業務の90%は短期間のプロジェクトではなく、月次支援(いわゆる継続的な顧問契約)。短期的な経営改善をしながらも、10年後、20年後を考えて、コンサルティングをしています。長いクライアント先では、10年、20年のコンサルティングの中で、理事長が親から子へ事業承継されることも。短期間で結果を出す。そして、長いスパンで、クライアントパートナーになる。それが私たちのスタイルです。

募集要項

REQUIREMENT
募集職種 医療業界向け経営コンサルタント
給与 月給27万円以上+各種手当+賞与(年2回)
※規定により決定
【年収例】
813万円/月額44万円(月給35万円+各種手当)+賞与/入社4年目
1029万円/月額44万円(月給35万円+各種手当)+賞与/入社4年目
福利厚生
  • 昇給年1回
  • 賞与年2回
  • 交通費支給(月5万円迄)
  • 各種手当
  • 社保完備
  • 従業員持株会
  • 企業年金
  • 育児休業制度
休日休暇
  • 週休2日制(土・日)
  • 年末年始休暇
  • リフレッシュ休暇
  • 慶弔休暇
  • 有給休暇

勤務地 東京・大阪のいずれかの拠点 ※希望を考慮します。

東京本社/東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
「東京駅」「大手町駅」すぐ

大阪本社/大阪市中央区北浜4-4-10 船井総研大阪本社ビル
「淀屋橋駅」「肥後橋駅」すぐ
職務内容 これまでの仕事で培ってこられた自分自身の強みと船井総研のコンサルティングノウハウを活用しながら、経営に関するアドバイスを行っていただきます。また、改善案の提案だけにとどまらず、実際に現場に入り、改善策を実践・定着させるところまでを追求していきます。
所属組織 当社では、各チーム毎に専門領域を持ってコンサルティングを手がけています。希望があれば、チームの専門領域に縛られずに、成長の機会を求めて、幅広い領域のコンサルティングを掛け持ちすることも可能。自分が興味を持っている分野のコンサルティングを手がけ、伸ばしたいスキルを磨くことができます。
将来のキャリアパス どこに出ても通用するだけの確かな実力が身に付くことはもちろん、これまでのコンサルティング実績を元に、将来は講演会の開催や書籍の出版などを通して、活動範囲をより一層広げていくことができます。
採用の流れ 書類選考後、一次~三次面接を行い、内定となります。
※通常、内定まで1ヶ月ほどを想定しています
よくあるご質問
入社前に何かできることはありますか?
船井総研に関する本は多く出版しております。その他、コンサルタントブログなどWEB上でも多数情報を出しておりますのでご興味ありましたら、一度目を通していただけたらと思います。
お問い合わせ先 その他、何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【担当】株式会社船井総研ホールディングス 人財開発部
TEL:03-6212-2929/06-6232-0191
E-mail :

中途採用ENTRY

お気軽にお問い合わせください。

担当:人財開発部
[ お電話でのお問い合わせ:03-6212-2929
/受付時間:平日10:00~17:30 ]

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

インターン
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY