PEOPLE 人を知る

コンサルティングを通じて、すべての人を幸せにする。
リーダー/事業イノベーション支援部
2016年入社
今 亮太郎KON RYOTARO
圧倒的素直が、成長と挑戦を続けるカギになる。
リーダー/事業イノベーション支援部
2016年入社
今 亮太郎KON RYOTARO

20代から成長できる環境
船井独自の価値観に惹かれた

大学時代から時代の変化の著しさを実感しており、20代の早期から力をつけることができる仕事を探していました。経営・マーケティング専攻ゼミにも所属しており、コンサルティング業界を中心に就職活動を進めていました。その中でも船井総研は独自のビジネスモデルを保有しているのに加え、創業者が提唱する「成功の三条件(素直・プラス発想・勉強好き)」は理解するほど感銘を受ける素晴らしい考えであり、それが魅力的にうつりました。

最終面接でも、他の会社では話し方や考え方を修正するように指摘いただいていた中、船井総研では長所伸展法に基づいて長所を更に伸ばすようなアドバイスを貰えたことからも、船井流の価値観を持つ人と仕事をしたいと思い、入社することを決意しました。

“かっこいい”仕事よりも
経営者に感謝される仕事を選ぶ

船井総研は中小企業をコンサルティングを得意としていますが、私の場合は大手企業案件に携わりたいと強く希望し、それが実現できる部署に初期配属することになりました。

配属当初は大手企業の調査・計画策定コンサルティングに携わっていました。1年目から大手企業のコンペ獲得に向けたプレゼン資料作成に関わり、受注した時の喜びはひとしおでしたが、そこから幾つかのプロジェクトを経るにつれて大手企業案件の限界を感じるようになりました。大半は調査・分析した結果をもとに精度が高い資料を作成することに終始しており、仕事内容が本当に大手企業に価値提供しているのかわからなくなっていました。

「いましている仕事は本当に楽しいのだろうか?このまま続けていていられるだろうか」と思い、仕事の方向性を見直しに入りました。そもそも大手企業案件にこだわる理由は「かっこいいから」という安易な動機だったと気づき(笑)、他方で経営者から本気で感謝されている瞬間が価値提供の実感を持てることがわかりました。そこから、短期集中の計画策定コンサルティングよりも、中長期的な月次支援コンサルティングの仕事を行いたいと思うようになりました。

「チーム船井」として、10年先の経営ビジョンを描く

船井総研は業績アップを得意としているため、中小企業が順調に成長し中堅企業になるケースも少なくありません。企業規模が中小企業の域を超えた時、私たち事業イノベーション支援部に社内紹介でご相談いただき、経営戦略やビジョンの再策定や第二本業の立ち上げ支援など「中堅企業フェーズの経営課題の解決」を目的として参画することが多いです。

船井総研の強みは各業種・業界に特化したコンサルタントが800名以上在籍していることです。業界知識は彼らに敵いませんが、複数の専門家コンサルメンバーと協力し中堅企業のさらなる成長を全体的にデザインする「プロジェクトマネジメント」は私の得意分野です。双方の得意な領域を掛け合わせ「チーム船井」として経営者の更なる理想を実現しています。

実際に私が支援した会社では、「今さんにコンサルしてもらったことで経営ビジョンが明確になり、将来が不安から期待にかわった」と、経営者に直接お話しいただくことがありました。承継問題についても相談いただいていたことから、それらも考慮した経営戦略を描くことができた点が喜ばれたのだと思います。一般的なコンサルティング提案では深入りしないであろう「経営者とその家族の幸せ、それを包み込んだ経営戦略」を提案できるのは、船井総研ならではの価値だと思います。

まだ見ぬ経営者と出会うことで
船井総研の可能性を広げていきたい

私個人のミッションとして「自分のまわりにいる人を幸せにすること」を掲げています。まわりにいる人とは、家族や友人、船井総研の社員、そしてお客様とその家族です。幸せの定義はそれぞれ異なりますが「自分が船井総研で活躍すること」「困っていれば助けること」「理想を実現するサポートをし続けること」これらを行動指針として、習慣レベルから日々見直し行動することで、日常レベルで自分を磨き続けたいと思っています。

中小企業コンサルティング会社として多くの実績を持つ船井総研ですが、中小企業の社数は350万社、実は中小企業の一部としかお付き合いしていません。まだまだ未開拓マーケットの新規顧客と仕事ができる会社でもあり、発展性はまだまだあると感じています。さらには自分の担当領域を通じて、将来船井総研を「中小企業に特化したコンサルティング会社」から「中小・中堅に特化したコンサルティング会社」にしていきたい。船井総研の得意フェーズを拡大させ、幸せにできる経営者・社員・その家族、そしてエンドユーザーの総数を増やしていきたいと本気で思います。

VOICE / 他己紹介

  • 事業イノベーション支援部 マネージング・ディレクター
    下田 寛之

    彼が大事にしているコンサルティングの軸に「ビジョンドリブン」があります。この「ビジョンドリブン」は、企業が目指すあるべき姿がら逆算して経営を推進していく手法です。彼の支援先の経営者の年齢はなんと30代~70代!と幅広いです。そうした、自分より一回りも二回りも年齢も経験も上の経営者に対し、「あるべき姿」を提案していくこと自体、本来は至難の業でありますが、彼は経営者の夢を叶えるために、全くひるむことなく、実行することでお客様からも厚い信頼を得られております。

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY