MESSAGE代表メッセージ

業種ごとに日本一のコンサルティングを目指す。

株式会社船井総合研究所
代表取締役社長

中谷 貴之TAKAYUKI NAKATANI
業種ごとに日本一のコンサルティングを目指す。

株式会社船井総合研究所
代表取締役社長

中谷 貴之TAKAYUKI NAKATANI

コンサルティング業界の現状

コンサルティング市場の成長に伴い、中小企業に向けたサービスの需要も高まっています。コンサルタントに求められる役割も変化しており、経営企画室のアウトソーシングのような仕事ではなく、一歩踏み込んで経営戦略を実行するまでの役割を求められるようになっています。

こうした変化に対応するため、船井総研はチームコンサルティングの拡充に取り組んでいます。かつては一人のコンサルタントがお客様の元へ赴き、経営全般のお手伝いをすることがほとんどでした。現在は、マーケティング、Web実行支援、人材開発支援などのテーマごとに、専門のコンサルタントが役割を分担しています。お客様のご要望にチームとして応えることで、最大限の成果を生み出しています。

中小企業と向き合う責任

船井総研のコンサルタントは、中小企業の経営者と直接仕事をしています。これは企業の窓口担当者と仕事をしている外資系コンサル企業との大きな違いです。経営の核となる課題を扱うため、成功も失敗も、ダイレクトに結果が返ってきます。会社の立ち上げから株式上場までご支援させていただくこともあれば、最悪の場合は会社を倒産させてしまうこともありうる、とても責任の大きな仕事です。

中小企業では、ヒト・モノ・カネが潤沢に揃っていないことが一般的です。フレームワークを解説するだけの提案をしても、実行できなければ意味がありません。「指示をしても動いてくれなかった」というのは言い訳にならないのです。船井総研のコンサルタントは、どうすれば実現できるのかということまで考える必要があります。

船井総研が「親身法」を大切にしている理由もここにあります。もしも目の前にいる経営者が、自分の家族や親友だったら、本当に同じアドバイスをするのか。船井総研のコンサルタントは、自分の身内に接するのと同じ姿勢でお客様の課題に取り組みます。この姿勢が、「また船井総研にお手伝いしてもらいたい」と言っていただける、経営者との関係性をつくっているのです。

一番にこだわり、
一流の企業を目指す

船井流のコンサルタントは一番にこだわります。高度成長期は二番手、三番手の企業でも利益が出ましたが、人口減少期に入った現在は一番でないと利益が出ず、人も集まりません。もちろん市場シェアで一番になれるのは一社だけですが、切り口を細かく定義すれば、どんな会社にも一番になるチャンスはあります。

ただし一番になることはゴールではありません。目指すべきは一流の企業です。一流の企業とは、社員が誇りを持って働くことができ、顧客や地域からも愛される企業のこと。船井総研ではこれを「グレートカンパニー」と呼んでいます。 船井総研は、中小企業向けのコンサルティングにおいて、国内最大級の実績を誇る企業です。しかし今後も成長を続けるためには、2つの目標を達成しなければなりません。1つ目は、中国を始めとする海外のマーケットに進出し、新しいお客様を獲得すること。2つ目は、既存のお客様に向けて、より幅広い経営課題にワンストップで対応できる体制を築くことです。

これらの目標を実現するために、力を入れているのが人財の採用です。新卒採用では、2019年4月に過去最高の150名を獲得する予定です。また海外にも足を運んで、日本とは異なる価値観を持った人財の採用を行っています。中途採用においても、有資格者を含むプロフェッショナルの方の採用を強化しています。

コンサルタントに求めること

船井総研では、求める人財の要件として「会社好き」「仕事好き」「仲間好き」の3つを掲げています。コンサル業界には仕事が好きな方が多いのですが、人や会社に関心を持てないという方も多くいます。船井総研には、自分以外の仲間を大切にし、成功事例があれば独り占めせずに共有する文化があります。こうした考えに共感できない方は、船井総研には向かないでしょう。

ほかにも船井総研に根付く文化として、創業者が掲げた成功の三条件(素直、プラス発想、勉強好き)があります。「素直」とは、良いと思うことを受け入れ、悪いと思うことを正直に謝れること。「プラス発想」とは、厳しい状況でも明るく仕事に取り組めること。「勉強好き」とは、自分から新しいことを学ぶ習慣を持っていること。この3つが身に付いていない人は成長できませんし、コンサルタントとしての活躍も望めないと思います。

船井総研のコンサルタントが
成長できる理由

船井総研のコンサルタントが成長
できる理由

あらゆる仕事の中でもっとも成長できる職種は、間違いなく経営者です。とくに中小企業の経営者は、大企業のように交代ができないため、全ての責任を一人で背負わなければなりません。船井総研の「経営研究会」に集まるのは、こうした経営者の中でも、勉強意欲を持ったトップクラスの人たち。彼らと日々顔を合わせて仕事をすれば、気付いたときには驚くほどの能力を身に付けることができるでしょう。

チームリーダーの年次が下がっていることが良い例です。かつては新入社員がリーダーになるまで10年近くかかっていたのが、現在は3年目でリーダーになる人もいます。船井総研に入社して日々努力すれば、たとえ経営を学んだことがなくても、どこかのフィールドで一番になれる。そのための環境が整っているということです。

中途採用で入社される方には、これまでに培われた知見を最大限に活かせる環境があります。船井総研は2018年4月から、平均年齢が20代になりました。若い社員たちが新しい分野にチャレンジするとき、経験を積んだプロフェッショナルの知見は欠かせません。現在の船井総研は、キャリア入社の方にとってもパフォーマンスを発揮しやすい環境だと思います。

一人ひとりの成長を通じ、日本一の会社を目指す

船井総研は、一人ひとりが自分の武器を持ち、その積み重ねで日本一を目指す会社です。入社したいと考えられる方は、とても仕事に意欲的で、日本一になれる「種」をすでに持った方だと思います。その「種」を一緒に育てて、会社とともに成長していきたい。一人で挑戦するより、チームで目標を成し遂げられたほうがもっと楽しいはずです。それができるのが、船井総研という会社の魅力です。

株式会社船井総合研究所
代表取締役社長

中谷 貴之

中谷 貴之

PROFILE/ プロフィール

1968年岡山県生まれ。1991年、関西大学文学部教育学科卒業後、株式会社船井総合研究所(現株式会社船井総研ホールディングス)に入社。経営コンサルタントとして自動車関連業界を中心に数多くの成長企業や上場企業を誕生させてきた。2014年、株式会社船井総合研究所 取締役執行役員に就任。コンサルティング部門の責任者として、業種ごとの即時業績アップビジネスモデル(通称:ズバリソリューション)の開発推進、ならびに会員制の業種別経営研究会(通称:研究会)の充実に尽力し、コンサルティングサービス全体の品質向上を主導した。2016年3月、株式会社船井総合研究所 代表取締役社長に就任。

略歴
1991年 4月

株式会社船井総合研究所(現株式会社船井総研ホールディングス)入社

2010年 3月

同社執行役員 ライン統括本部 第二経営支援部 副部長

2013年 3月

同社取締役執行役員 東京経営支援本部 副本部長

2014年 7月

持株会社体制への移行に伴い同社を会社分割

株式会社船井総合研究所 取締役執行役員 東京経営支援本部 本部長

2015年 3月

当社取締役常務執行役員 ライン統括本部 本部長

船井(上海)商務信息諮詢有限公司 董事長

2016年 3月

当社代表取締役(現任)


新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY