PEOPLE
人を知る
伊藤 沙穂理
SAORI ITO
PEOPLE 人を知る

伊藤 沙穂理SAORI ITO

  • 業界領域:保育・教育
  • 役職:グループマネージャー
  • 入社:2010年 新卒
  • 業界領域:保育・教育
  • 役職::グループマネージャー
  • 入社:2010年 新卒

これが私の仕事!

もっと見る
全国の待機児童問題解消と働く女性の社会進出をサポート!

ニュースでよく聞く待機児童問題。「#保育園落ちた日本死ね」どんな気持ちで皆さんは見ていましたか?一生懸命働く保育士さん、給与が伴っていない・・と小さいころからの夢だった保育士を辞め、資格を活用しない職に転職。一方働くお母さん。保育園に入れないために、仕事を辞めなければならない状況の方もいます。保育園をつくることで一生懸命働く社員の環境整備を行い、社員が幸せに働ける環境をつくると共に、社会問題を解決する仕事をしています。保育園をつくり、継続的に発展させていくことで、日本社会を幸せにすることができる、そんな仕事です。

だからこの仕事が好き!一番うれしかったことにまつわるエピソード

もっと見る
出産妊娠を経ても変わらず社内・お客様が受け入れてくれること。

育児休暇は1年半だったのですが、その前半年間はつわりでほぼ動けず、会社をお休みすることになりました。その間、上司であるリーダーとは情報共有のために定期的に連絡を取っていたのですが、この気軽に連絡が取れる環境が本当にありがたかったと思っています。また、約2年の休暇を経て戻った会社はまるで別会社。仕事の第一線から2年も離れれば普通は戻れないと思うのですが、それまで一緒に働いてきた仲間や休暇前にお付き合いのあった社長さんがお帰りと受け入れ、仕事をさせてくださったことが一番嬉しく、その後のモチベーションにもつながっています。「仕事の間隔は3ヶ月もあれば元に戻るよ」と上司が言ってくれたことも、振り返ってみればその通りで、何も心配することなく仕事ができています。

ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き

もっと見る
女性でも活躍できる!

男女関係なく、仕事で評価してくれる会社に入りたいと当時は思っていました。
入社してみて、女性コンサルタントはまだ少なかったですが、チャンスは誰にでも平等に与えてもらえていたことは今と変わりはありません。
若手のうちからたくさんの経験をさせてもらえることも船井総研の魅力です。

就職活動での自分のポイント

もっと見る

とにかく一番がすき、何でもやってみないと気がすまない、やったことは最後まで粘り強くやりきることです。

これまでのキャリア

もっと見る

2010年に新卒で入社。2012年から保育部門にて従事。2019年にはグループマネージャーへ昇格。

先輩からの就職活動アドバイス!

もっと見る

自分に素直に、作って入っても仕方が無いです。その先ずっと働ける会社かどうかを自分の視点で見極め、たくさん質問すると良いと思います。



CONVERSATION
/ 社員対談

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

インターン
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY