PEOPLE / 人を知る

女性コンサルタントから
見た船井総研

西村 優美子

NISHIMURA YUMIKO

保育教育支援部
2016年入社

塩見 菜緒

SHIOMI NAO

士業支援部
2016年入社

藤田 彩音

FUJITA AYANE

事業イノベーション
支援部
2017年入社

“自由・自立・連帯”を重んじる船井総研には、コンサルタントが自由意思のもと望ましいキャリアを描きやすい風土があります。自身のキャリア観や女性視点での社風について、女性コンサルタントとして活躍されるお三方に、それぞれの考えを語り合ってもらいました。

船井総研へ入社を決めたきっかけは何ですか? 船井総研へ入社を決めたきっかけは何ですか?

船井総研へ入社を決めた
きっかけは何ですか?

藤田高校時代に企業再生の特集をテレビで見て「これと同じ仕事がしたい!」と思い、大学進学時も経営学部を選択、志望企業もコンサルティング業界ばかり見ていました。有難いことに外資コンサルなど複数企業に内定をいただいたんですが、就職活動する中で、良い会社の定義は存続することだって気づいたんですよね。売上を上げ続けることが重要なんです。そこで、中小企業の業績アップを重要視している船井総研に入社することに決めました。
両親は当初コンサルタントにあまり良い印象を抱いておらず心配されましたが、気持ちを伝え続けた結果、応援してくれるようになりました。今でも帰省すると仕事の話などをして、だいぶ理解してもらえたと感じています。

西村当時、発達科学の分野に興味があり、研究者になるために大学院に進学していました。ですが、研究を深めるにつれてもっと現場に深く関わりたいという想いが強くなり、異なるアプローチで保育業界に関わろうと思い立ち、修士1年目の夏に就職活動を開始しました。合同説明会へ参加した時、たまたま会場で船井総研の「業種別コンサルティング会社」のPRに遭遇。保育教育コンサルティングもあることを知り、選考に進みました。業界に関わるなら船井総研が一番近いと思い、最終的には船井総研一本に絞りました。

コンサルタント志望ではなく、業界から船井総研に入社するルートもあるんですね。 コンサルタント志望ではなく、業界から船井総研に入社するルートもあるんですね。

藤田コンサルタント志望ではなく、業界から船井総研に入社するルートもあるんですね。

西村私は経営学部でもないし、大学時代に経営の勉強も特にしてこなかったですが、現場主義で同行しながら中小企業の経営を学ぶことはできたので、学問が違うからといって大きく困ることは無かったですね。

塩見大学時代に所属していた学生団体のメンバーが早々に就職活動をはじめて、私も流れに乗りました。色々応募した中に船井総研のインターンシップがあって、船井流「長所進展法」に基づいた店舗比較分析ワークが特に面白くて。ベンチャー企業も見てはいましたが、最終的には船井総研に決めました。入社して、思った以上に女性コンサルタントが少ないことは驚きましたね(笑)

藤田確かに!同期が少なくて、ちょっと寂しかったです。それに比べて、今は増えましたよね。入社前は男性比率がかなり高いため不安ではありましたが、コンサルティング業務自体は男女差を感じることはほとんどありません。お二人のように20代からマネジメント職に就かれているような頼れる先輩もいるので、あまり気にならなくなりました。

西村そういえば、私のチームにはメンバーが7人いますが、男性は1人だけですね。

塩見私のチームも女性比率高いですね。ローテーション制度チームに来てくれた新入社員の女の子の送別会では、イタリアン・フレンチ料理のランチ会でサプライズケーキを用意するなど、ザ・女子会!って感じでした(笑)

藤田羨ましいです!私の部署は私含め2名しかいないので…。特に士業支援部と保育教育支援部は多いですよね。

現在はどのような仕事をされていますか? 現在はどのような仕事をされていますか?

現在はどのような仕事を
されていますか?

塩見クライアントは税理士の先生で、税理士事務所が扱う創業支援・公的制度活用案件のサポートを通じて業績アップコンサルティングを行っています。開業期の先生とのお付き合いが多く、なかには開業半年前から相談をいただき、税理士先生の開業そのものの支援を行うこともありました。不況期などでは公的制度(補助金・緊急融資等)支援案件に切り替えていくなど、どんな時流でも適応できるように意識しています。
リーダーとして心がけているのは、リーダーシップを発揮してメンバーを牽引するよりも、苦手分野を補完できる関係構築や「一緒に働く」という意識をメンバーに持ってもらうことを心がけています。「塩見さんは、やりたいことをやらせてくれる」とメンバーが新入社員に紹介していると聞いた時は、とても嬉しく思いました。

西村保育園・こども園・幼稚園のコンサルティングをしています。具体的には、新規園の開設案件や、既存園の運営安定化、企業主導型保育園の立ち上げ、そして保育士の採用・育成・定着支援、と全般のサポートを手掛けています。
 また、現在リーダーとしてチームマネジメントにも気を配っています。部署でソリューションの棲み分けができているので、個々が手掛けるテーマ異なるのが特徴ですね。1on1ミーティングでコミュニケーションをとり、メンバーマネジメントや支援相談にのる機会を設けるようにしています。

藤田私の仕事分野はお二人と異なり、幅広い業界に対して1つのテーマで支援していく「テーマ型コンサルティング」にあたります。成熟業界に身を置く企業がより強く安定するよう、収益の第二の柱になる新規事業の立ち上げに携わります。新規事業の選定から立ち上げ・プロジェクト管轄まで一貫して担当しており、業種知識豊富な他部署のコンサルタントと部署連携しながら進めます。

女性のライフイベントによる仕事の影響について、どう思いますか?

女性のライフイベントによる
仕事の影響について、どう思いますか?

西村そうですね…。やはり出産・子育てが一番影響大きいでしょうね。いま産休・育休中の上司がいるんですが、その方が私のロールモデルとなっているので、今後のことに関して大きな不安はないですね。身近な例があるのはとても有難いことです。

塩見過去の先輩方を見ていると、出産を期に新しい仕事に転換する方が多い印象ですね。お客様先に出張しなくても出来る仕事だったり、テーマコンサルを扱う部署に異動されたり。私の部署にも、出張はせずリモートワークをして、産休前とは違うソリューションを確立されたリーダーもいますね。

西村私のロールモデルになっている先輩は、復職されても同じコンサルテーマで働いていました。それでも子育てをしながらなので、遠方への出張は出来る限り発生しないように社内の体制やお客様との打合せ方法を工夫されていました。会社の制度も活用しながら、自分がコントロールできる仕事の範囲内で工夫をされていた印象ですね。

藤田私が新入社員時代にお世話になったリーダーも仕事と子育てを両立されていました。チーム一丸となってリーダーを支えよう!という意識が高かったですね。リーダーも、早帰りしてお子さんを迎えに行ってから、ご自宅から親子揃ってテレビ会議に参加されるなど…。こんな働き方もできるんだ、と当時は衝撃でしたね。
 ライフイベントをどのように乗り切っていくか、自ら工夫していくところは船井総研ならではだなと感じます。

どんな人が船井総研に
合っていると思いますか?

塩見自分の意思がある人が合っている、ではないでしょうか。「教育制度整ってるんですよね」「会社が責任もって育ててくれるんですよね」という他力本願のような考えを持っている人は厳しいんじゃないかと思います。

藤田船井総研の長所のひとつに「自由」があると思います。自分の努力や希望が通りやすい環境である反面、自分の意思をしっかり主張していき、自律ある行動を心掛けないと、仕事をしていても成長し続けることが難しくなっていくと思います。

塩見周囲に言わなきゃ駄目ですよね。私はよく新入社員に「何がしたいか、遠慮せずに言ってほしい」とずっと伝えています。

藤田わかります!後輩から「これは、やりたい」「これは、やりたくない」という突き上げが欲しいなと思っています。特にオンライン上で打合せをする時には、相手の気持ちがうまく汲み取れなくて苦労した覚えがありますね。

塩見むしろ厳しいなら「厳しいです」と言ってくれると有難いな、と思います(笑) わがままな人を肯定するわけではないんですが、自分の軸を持つことが働く上で求められると思います。

藤田他の会社では、配属先や勤務地を会社側が決めたりすることが多いと聞きますが、船井総研では周囲の先輩方が「一緒に働きたい人と働きたい業界・テーマを自分で選びなさい」と新入社員にアドバイスをしますよね。興味のある部署があれば自ら先輩方に自分を売り込んでいく、という所に船井総研の文化を感じます。自分の行動に責任を持つことで、仕事は押し付けられるのではなく、任せてもらえますよね。

西村船井総研の会社説明会で「就職、就社、就人」と社長が話していたことが印象的に残っています。なんでコンサルタントじゃないといけないのか、なんで船井総研じゃないといけないのか。これらが定まればやりたいことが自ずと見つかる気がします。上司としても、軸が定まった後輩であれば応援しやすいし、成長させやすいですね。「就人」は入社しないとわからないこともあるかもしれませんが、「就職」「就社」は今からでも考えられるのではないでしょうか。

今後どのように船井総研で
働いていきたいですか?

西村入社当時から仕事内容のギャップなく働くことができているので、今後も同じフィールドで働いていきたいです。そして、自分が今後どのようなライフイベントを経たとしても、それに振り回されたくないと思っています。会社や部署も応援してくれますし、同期とも考え合ったりすることが多いので、大きな心配はしていないです。仕事もそうですが、やっぱり子どもは大好きなので、どちらも大切にしたいですね。

塩見私も働き続けたいですね。そして、船井総研の新たなロールモデルになりたいなと思っています。上の世代の方々は本当にパワフルで、コンサルタントとしても女性としても凄い方ばかりなんです。ちょうど私の代ぐらいから女性比率が上がってきているので、パワフルでなくても女性コンサルタントとして渡り歩いていけるようなロールモデルを築き上げたいと思ってます。

藤田コンサルティング業務の生産性を上げていきたいです。友人と遊んだり洋画を観賞したり、趣味を楽しむプライベートの時間をもっと確保していきたいですね。その為にはスキルアップを通じて、コンサルタントとしての価値を上げていくことが優先だなと思います。そして、あまり男女論は持ちだしたくないですが、仕事の体力の差を感じることが時々あります。極端な話ですがコンサルタント人生はあと40年弱もあるので、そのことも見据えて働き方を調整していきたいですね。

最後に、就職活動中の学生へメッセージをお願いします。 最後に、就職活動中の学生へメッセージをお願いします。

最後に、就職活動中の学生へ
メッセージをお願いします。

藤田女性ならではのキャリアをちゃんと歩めるか、就職活動を進める上で心配することもあるかと思いますが、個人的には、大抵のことはどうにかなると思っています(笑)。最終的には、自分の長所をどのような環境で生かしていくかを、自分で選択していくことではないでしょうか。自分の行動次第で結果は変わるし、それが受容されやすい環境が船井総研にはあると思います。

塩見やりたいことが決まってなくてもいいから、周囲に流されるのではなく自分の意思を発信することを心がけてみてください。その姿勢が、あらゆるライフイベントを乗り越えるだけでなく、コンサルタントとして経営者と対峙できるスキルが伸びるきっかけになると思います。頑張ってください!

西村ライフイベントは、その時の周囲との関係だったり運要素も強かったりと、自分の思う通りになりづらいものだと思っています。全く気にしないわけにもいかないですが、性別からキャリアを考えるよりも「自分が何をしたいのか」を大切に、就活をしてほしいと個人的に思っています。自分自身がリーダーというマネジメント側の立場になったからこそ、自由にキャリアプランを描いてほしいなと思います!

PROFILE / プロフィール

西村 優美子(にしむら・ゆみこ)

西村 優美子
(にしむら・ゆみこ)

西村 優美子(にしむら・ゆみこ)

大学院在学中に保育士資格を取得し、母子を対象に子どもの発達や育児に関する調査研究を行う。
船井総合研究所へ入社後は、企業主導型保育事業をはじめとした保育所開設支援や新卒・中途の保育士採用支援に従事する。
主なコンサルティングテーマは、保育士採用支援・保育所開設・運営安定化支援・評価制度構築支援・業務効率化支援など。

塩見 菜緒(しおみ・なお)

塩見 菜緒
(しおみ・なお)

塩見 菜緒(しおみ・なお)

船井総合研究所に新卒入社後、会計事務所向けコンサルティンググループに配属。公的制度支援切り口とした顧問獲得に特化したコンサルティングに定評がある。現在は都心部~地方まで創業支援に注力する約20の事務所を中心に、業績アップに寄与できるよう奔走している。

藤田 彩音(ふじた・あやね)

藤田 彩音
(ふじた・あやね)

藤田 彩音(ふじた・あやね)

小売業、卸売業、製造業、物流業、医療福祉、飲食業、専門サービス業(葬祭・温浴ほか)と幅広くコンサルティングに従事。業種業界や企業規模を問わず、調査・分析業務を得意とし、これまで様々な業種・業態・規模の企業に対して、調査設計〜アクションプラン化〜実行支援まで一貫して行う。

CONVERSATION
/ 社員対談

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

インターン
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY