PEOPLE 人を知る

ダイナミックな行動力で、市場を切り開く。
士業支援部 弁護士グループ チームリーダー
2012年入社
堀本 悠HARUKA HORIMOTO
ダイナミックな行動力で、市場を切り開く。
士業支援部 弁護士グループ チームリーダー
2012年入社
堀本 悠HARUKA HORIMOTO

人と向き合う仕事が
したかった

法律事務所向けのコンサルティンググループで、チームリーダーを務める堀本悠(ほりもと・はるか)。就職活動でさまざまな企業を見たが、製造業や食品・飲料など特定の商材を扱う仕事は、自分が働くイメージが湧きづらかった。重視したのは「商材を限定するよりも、日々新しい知識を得たり、新しい人に出会いワクワクできるか」という点だ。

あるとき参加した「社長」セミナーで、堀本は船井総研を知る。仕事内容や、「プラス発想、長所伸展、勉強好き、過去オール善」といった船井流の考えに触れる機会となった。「船井流の考え方に非常に共感しました。そして、船井総研のことをもっと知りたい! と思ったんです」。

コンサルティングに興味を持った堀本は、外資系ファームも詳しく調べてみた。そこでわかったのは、外資系ファームとは一線を画する船井総研のクライアントとの距離の近さ。「人と向き合う仕事がしたい」との想いから、船井総研の門を叩いた。

本気は、伝わる

内定者研修は、社会人としての基本スキルを学んだり、先輩社員の講話を聞いたりと、いわば「社会人としての準備」をサポートされる時間だ。中でもグループ会社全体での経営方針発表会への参加は船井総研全部署の方針を聞くことができ、その後の懇親会では全社のコンサルタントと自由にコミュニケーションが取れる機会となっている。ここで会社の方向性を把握し、さらに希望部署についての理解を深める。

そして、入社後は同期で寝泊まりしながら船井流を学ぶ研修期間。1週間でオンザジョブ・トレーニング、1年間で2つの部署の仕事を経験し、徐々にコンサルタントとしての業務に慣れていった。船井総研では、自分のモデル・指導役(メンター)となる先輩社員を、新入社員自ら選ぶ(年次により制度上の差はある)。堀本は全社員から発信される日報を読み、手本にしたいと思った先輩に積極的に声をかけた。「業務面、人間的成長、プライベート面のモデル、といったように、場面や条件に合わせて複数の先輩の姿を参考にしています。モデルもメンターも、先輩社員はみんな教え好きなので、忙しくても後輩の成長に快く時間やスキルを提供してくれます」。

そんな先輩たちを見ながら、堀本は堅実かつ懸命に仕事に取り組む。「まずは守破離の『守』。クライアントに1人でも接することができるよう、先輩のやり方をまねたり、おすすめされた本を読んだりして、情報を徹底的に自分の中に落とし込んでいました」。新人の力は微々たるものかもしれない。しかし堀本は常に本気で仕事に向き合い、相手に接した。「一緒に仕事をするときに、この人は本気だなと思ってもらえるよう、努力しています。まだ提供できる価値が少なくても、貢献しようという気持ちは伝わりますし、相手にとって忘れられない印象になる、というあるメンターの教えをいまも大事にしています」。そうした姿勢が、自分なりの「長所」を見つける早道でもあるのだ。

仕事は積極的に開拓する

現在堀本は、チームリーダーとして法律事務所のソリューションを提供・深耕する立場にある。注目度の高い交通事故・人身傷害分野のより良いコンサルティングを追究する傍ら、弁護士の世の中への影響力を十分に認識しているからこそ、潜在的な市場をターゲットに新規領域の開拓も行っている。

日本の市場だけでなく、海外の事例も積極的に学びに行く。「自分がアメリカで見聞きした取り組みを日本に輸入する形で展開したり、資本力のある国内の事務所から『そのやり方に取り組んでみたい』とオファーをいただいたとき、とてもやりがいを感じますね」。堀本の推進力はとどまるところを知らず、弁護士業界の外へも足を運んでいる。「弁護士業界を客観的に見て調査・支援している」コンサルタントだからこそ、さまざまな業界に通用する可能性を、誰よりも理解しているのだ。

もちろん、突き進むこともあれば、葛藤することもある。「力が足りない、もっとうまくできれば、知識があれば……と悩むこともあります。足元の仕事、この先見据えている仕事とのバランスが難しいです」。パワフルかつまじめな堀本は、先輩や同期社員に支えられつつ、一流のコンサルタントへの道を歩む。

女性リーダーの可能性

本配属から3年、堀本はリーダーというポジションに就いた。船井総研に優秀な女性社員が続々と入社し、個性を発揮したり、ライフイベントへの向き合い方を考えたりする場面で多様化が進んでいることを、肌で感じている。自社においても支援先でも、女性社員の活躍がカギとなっているケースは多いと、堀本は分析する。

「さまざまな業種で女性リーダーが増えている現在では、彼女たちの活躍が組織活性化の一番の肝になっていると思います。私が携わってきた保育業界や士業でもありました。自分自身が等身大で感じている、働く女性の本音を通じて、例えば研修の参加者に働きかけ、共感を得られるということもあります。船井総研の女性社員の想いも、少し先に経験してきたからこそ、道をならしてあげることはできるかな、と思っています」。

パワフルで積極的なコンサルティングと、等身大の自分で女性社員に寄り添うあたたかさを兼ね備えている堀本。リーダーとして、今後も業界をけん引するコンサルティングを続けていく。

SCHEDULE / 1日のスケジュール

  • 6:00

    起床

    午前中からご支援がある場合は、さくっと準備をして早めに家を出ます。朝は必ずシャワーを浴びながら、1日の予定をシミュレーションします。思いがけないアイデアが浮かんでくることも……。

  • 6:45

    出発

    飛行機が多いですが、今日は特急で陸路移動。朝の方が仕事がはかどるので、移動時間やカフェに立ち寄る時間を効率的に使います。

  • 9:00

    1件目のご支援

    力相応に業績を伸ばしたい、弁護士の先生をご訪問。経験豊かな方なので、こちらが弁護士業務の効率化のヒントを学ぶことも多いです。研究会でお会いするお約束をし、事務所を後にします。

  • 12:00
  • 13:00

    打ち合わせ

    ランチは移動中に車中で駅弁。
    次のご支援先に同行するメンバーと、今日の打ち合わせ内容をすり合わせます。

  • 14:00

    2件目のご支援

    弁護士事務所にて、全体の課題、マーケティング、教育と担当者ごとにミーティングを開く形でのご支援。

  • 15:00
  • 16:30

    テレビ会議

    チーム内だけではなく、ほかの業種のコンサルティングチームとの連携について話し合います。他業種チームとも協力することで、自分の領域の課題が見えてきたり、交渉の仲介をしてもらえたりします。船井総研のネットワークを最大限活かす方法です。

  • 17:30

    移動

  • 18:00

    夕食

    以前クライアントに連れてきてもらったお店に、チームのメンバーを誘います。日頃バタバタしているので、感謝を伝える貴重な機会です。

  • 19:00

    帰社

    1日の予定が終わり、一旦帰社します。今日のご支援の振り返りやToDoリストの整理、先方へのフィードバックなど後始末の時間にしています。

  • 21:00
  • 21:30

    帰宅

    家に着いたら、週・月単位の仕事を少し進め、日課にしている読書をします。Amazonで毎週5冊ほど買っています。

  • 23:30

    就寝

    夜は弱いので、できるだけ早めに寝ます。

  • 0:00

VOICE / 他己紹介

  • 士業支援部 グループマネージャー
    鈴木 圭介

    堀本さんは、発想力があって品質を良くするために限界までこだわる人です。物事に取り組むとき、女性とは思えないほどのパワーがあり、大きなことを成し遂げるのではないかという期待させてくれます。本当に努力家で、一緒に仕事をしていて、勇気と元気をもらえる大切な存在です。たまに真剣な余り怒ってしまうときがあり、困ることもありますが(多々かな(笑))、それを帳消しにするだけの無邪気さやかわいげがあり、明るい雰囲気をつくってくれています。
    第一印象と違い、おっちょこちょいな部分もありますが(笑)、それ以上に大きな成果を残す、本番に強い底力を持っているタイプの方です。愛嬌と行動力があり、今では法律グループの主要な分野である交通事故分野の分野長として、新領域を開拓してくれています。責任が重い仕事ですが、それをやりきれるだけの能力と才能を持ち合わせた頼もしい存在です。

  • 士業支援部 チームリーダー
    阿部 悠紀

    堀本さんは行動力に長けていて、新しいチャレンジや大きな変化に対して、率先して向かっていく人です。多少のリスクは物ともせず開拓をしていくので、それに引っ張られているメンバーも多いようです。また、面倒見が良いので、特に若手メンバーから慕われています。

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY