PEOPLE 人を知る

「必要とされ続ける」存在になる。
医療支援部 歯科・動物病院グループ
グループマネージャー
2011年入社
砂川 大茂HIROSHIGE SUNAKAWA
「必要とされ続ける」存在になる。
医療支援部 歯科・動物病院グループ
グループマネージャー
2011年入社
砂川 大茂HIROSHIGE SUNAKAWA

船井総研に入社した理由

船井総研で当時最速のグループマネージャー就任を果たし、キャリアステップに新しい風を吹かせた砂川大茂(すなかわ・ひろしげ)。若手のホープとして期待を集める砂川が、船井総研へ入ることを決めたのにはある理由があった。

「会社の名刺をかさに着るようなビジネスマンにはなりたくなかったので、若手でも自分の意志で成長できるかどうかが自分にとって会社を選ぶ重要な指標でした。他社とは違う、船井総研の『勝負をしたいならいつでもうちに来なさい』というスタンスが印象的でした」。自分が就職するのに合っている会社なのか、という挑戦的な気持ちで選考に臨んでいた。

最高の環境と、どっしりと構える船井総研の姿勢は、砂川の心に火をつけた。内定を出された会社の中で、「うちに来い」と伝えてこなかったのは船井総研だけだった。大学院時代に週7日、命懸けで働いた経験から仕事の楽しさに気づいていた砂川は、あくまで真剣勝負の姿勢を貫く船井総研に入ることを決めた。

がむしゃらな新人時代

晴れて入社した船井総研で1年目に待ち構えていたのは、いまでも「最も印象に残っている」ほどのプロジェクトだった。東証一部に上場しているメーカーの、LED事業の海外進出のための戦略策定支援である。一番尊敬していた「師匠のような先輩」と二人三脚で、中国と日本を行き来しながら猛烈に働く毎日。力相応一番で勝負できる商材を見極めるために、競合の商品をすべて調べ上げ、定量データと現場の情報を集めながら仮説を立て検証を繰り返す、地道でハードな日々だった。

「毎日を120%で生きていたと思います」。新人らしからぬ厳しい仕事で、プロフェッショナルの姿勢を学んだ。お金のためではなくコンサルタントとして最高の仕事をすることと、ギリギリまで粘って「ピカピカに磨き上げた提案」を行うこと。この経験が砂川の行動力の糧になっている。

厳しかった先輩の「1年目で本当によくここまでやった」という言葉で、突き詰めた努力が報われたと感じた。「声をかけられて、本当に泣けてきましたね」。駆けずり回って働いた成果は、クライアント企業の役員から「このデータはすごい」と称賛されるほど、磨き上げられていた。

グループマネージャーという立場での
「やりがい」

現在砂川は、グループマネージャーとして歯科医院や動物病院のコンサルティングに取り組む。グループをまとめ上げる砂川のポリシーは、ひたすら自分たちが稼げばいいという短絡的なものではなく、「社会性・収益性・教育性」のすべてを追求したコンサルティングを提案することだ。クライアント企業、引いては業界に継続的に必要とされ続けることこそが、質の高いコンサルティングだと考えている。「砂川さんと会うと、もっとがんばろう、上を目指そうと思える」と感じてもらえる接し方も、大事にしている。

いま一番やりがいを感じるのは「部署の事業が拡大できていると実感」できたときだ。以前は目の前の仕事に没頭して結果を出すことで感じていたやりがいが、グループメンバーの成長や、グループの事業の成長を感じることに変わってきた。特に後輩社員にとっては、砂川のリードのもとで働くのが「社会人としての素地ができる期間」。彼らの成長を、家族のように気にかけている。

これからも全力投球し続ける

新人の頃は、自分がどう稼ぎ、企業に必要とされるかを考えてきた。その後のチームリーダー時代は、上司や役員コンサルタントのスキルの高さを実感し、「どこが自分の強みなのか、何をすることがお客様や会社への貢献につながるのか、を常に考えていました」。自らの強みを理解し、長所を伸ばして勝負することを大切にしていた砂川は、最年少でグループマネージャーを務めるまでの成長を遂げた。

今後の抱負は「メンバーの人生が豊かになるよう導きつつ、事業を拡大していく」こと。そのためには自分自身がさらに経験、知識などのスキルを高め、業界日本一のクリニックを創るサポートをしたいと考えている。「ビジネスマンとして、社会に必要とされる実力のある人間」になるために、これからも全力で努力し続けていく。

SCHEDULE / 1日のスケジュール

  • 6:00
  • 7:30

    起床

    朝はどんなに急いでいても必ずシャワーを浴びるのがルール。今日1日何をするか、頭の中で整理する時間です。たとえ嫌なことがあったとしても、リフレッシュできます。

  • 9:00
  • 9:30

    出社

    会社に到着後、社内にいるグループメンバーと進捗確認や業務消化を行います。

  • 11:30

    学生面談

    再来年の春に入社する学生と面談をします。船井総研の社風や、やりがいについてお話し、入社後のイメージをより明確に描いてもらう一助にしてもらえればと思います。

  • 12:00
  • 13:00

    ランチ

    グループメンバーや医療業界のメンバーとランチに出かけます。
    内定者のアルバイトの方も一緒に出かけることもあります。

  • 15:00

    ミーティング

    社内でグループメンバーとミーティング。個人ではなくグループで進める仕事を消化します。皆前向きに頑張ってくれています。

  • 16:00

    社内支援

    お客様にご来社いただき、社内にてお打ち合わせ。

  • 18:00

    退社

    グループメンバーと夕食をした後、帰路につきます。

  • 20:00

    仕事チェック

    1日の予定が一段落した時間に、一気にメールチェックを行います。メンバーとの連絡は常時チャットで行っていますが、必要なときは電話で業務の相互理解を図ります。

  • 22:00

    読書、動画鑑賞

    読書をしたり、野球の動画を観たり。無心になれる、1日の中で一番リラックスできる時間です。

  • 23:30

    就寝

    明日の仕事に備えて寝ます。

VOICE / 他己紹介

  • 医療支援部 歯科・動物病院グループ
    チームリーダー
    谷口 竜都

    砂川さんは、私の人生において最も尊敬する上司であり、超えたいと思う上司です。

    砂川さんがいらっしゃらなかったら、私はいまの部署に入らなかったかもしれませんし、最年少でチームリーダーになることなどできなかったと思います。感謝しても感謝しきれないくらい魅力的で、圧倒的な行動力を持っている方です。

    コンサルティングに同行すると、場が盛り上がり、真剣に相談したくなり、そして仕事のモチベーションが上がるような空気感があります。私だけではなく他のメンバー全員へも、ちょうどやる気が落ちていたり、悩んだりしているタイミングで、声をかけてくれています。このようなメンバーへの気配りが、私がいままで見てきた誰よりも上手な方だと思います。

    私が大切にしている砂川さんの言葉の中に「仕事をする目的とストレス解消方法、この2つを見つければ、前向きに、一生懸命に仕事ができる」というものがあります。そこで私はどんなに忙しくても彼女や家族を大切にする時間を設けており、この考えは私のチームクレドにもなっています。それだけ、影響力がある方です。

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY