ENVIRONMENT / 環境を知る

船井総研の社風

船井総研の社風 01

成長に際限なし

成長に際限なし

Q

なぜ、船井総研の仲間たちは、
圧倒的な成長を
享受しているのか?

A

『成長』とは、
与えられるものではなく、
得るものである。

船井総研という会社では、誰かが敷いたレールの上を決められた列車に乗って進んでいくような、受け身での成長を望んでいる人はいません。一番を目指して走っていく先には、そもそもレールがない世界が広がっていることもあるのです。ですから、自分でレールを敷くことから始めようとする人が多く、同時に船井総研もそのような人財を必要としています。誰かに敷かれたものではない、誰かが通ったわだちでもない道を創りあげていくことに、喜びを感じるのです。


Q

どうすればコンサルタントとして
成長できるのか?

A

自ら作り上げる努力を
するにしても、
まずはみな多くの知識を
得る必要がある。

「経営コンサルタントの役割とは、クライアントを取り巻く環境に適合し、クライアントの利益につながるような情報を提供することである」ことは、言うまでもありません。そのためには、必然的に身に付けなければならないものが、数多くあります。さまざまな情報を、クライアントを取り巻く環境――例えば経済、ビジネス、制度、文化、行政、組織環境などに適合させていくためには、これらの理解を深めるための知識の習得もまた必要になります。このような知識を多く学んだ結果、多芸に通じるようになるのです。


Q

船井総研の
コンサルタントに必要な
成長への姿勢は?

A

多芸に通じた先に、
一芸に秀でることができる。

つまり、
プロフェッショナルになる。

船井総研では、広くたくさんの知識を有している状態を“多芸に通じる”といいます。その次に目指すべきは、ある特定の分野で誰にも負けないレベルに達することです。つまり、“多芸に通じ、一芸に秀でる”ということです。ゼネラリスト、スペシャリスト、プロフェッショナルという言葉で考えるなら、

  1. “ゼネラリスト”=“多芸に通じている人

  2. “スペシャリスト”=“一芸に秀でている人

  3. “プロフェッショナル”=“多芸に通じ、一芸に秀でている人

といえます。
船井総研という会社は、プロフェッショナル=一流の集まりであると自負しています。


船井総研の社風

船井総研の働き方改革

船井総研の環境

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY