作業療法士から「医療支援部」の
経営コンサルタントに転身した
北垣が教える

医療経営
コンサルタントの
実態

INTRODUCTION
Q01. 医療経営コンサルタントって、どんな仕事をするの?医療経営コンサルタントって、どんな仕事をするの?

私は現在、整形外科クリニックのコンサルティングを担当しています。
全国的に高齢化が進行していますから、整形外科では潜在的なリハビリの需要が拡大しています。ところが医院によっては、物理療法での治療しか行っていなかったり、セラピストの人数が少なかったりする場合も多いのです。
そこで私たちは「セラピストによるリハビリの強化」を提案しています。具体的には、物理療法しか行っていない医院様でプランニング段階から関わり、実際にセラピストを採用して、プログラムを構築し……という実行フェーズまでご支援します。

Q02. 前職の経験は活かせていますか?前職の経験は活かせていますか?

私は前職がOTですので、リハビリの強化などでは、その経験が活かせていると思います。医療・介護の現場の実態や、リハビリについては先輩コンサルタントに相談されることもしばしばあります。

Q03. 逆に、前職と違って戸惑ったことは?逆に、前職と違って戸惑ったことは?

入社当初に戸惑ったのは、例えば、リハビリの強化を提案する際も、先輩コンサルタントから「リハビリを導入(強化)したら、その医院の収支はどうなるの?」「利益はどれぐらい出るの?」という質問です。考えてみれば、当たり前のことですが、コンサルタントですから、経営数値への影響を考えて提案しなければなりません。現場でOTをやっていた頃は経営数値の視点が弱かったので、転職して「院長先生や、経営者はこういう視点で考えているんだ。」と思い知りました。
弊社の医療支援部では「医療と経営の両立」「社会性と収益性の両立」を目指していますが、現場と経営を見ていると、それをリアルに実感できます。

Q04. イメージと実際で違ったところは?イメージと実際で違ったところは?

明確なイメージがあったわけではありませんが、コンサルタントというと経営戦略を考えるのが主な仕事、というイメージがありました。実際には、戦略立案30%、実行支援70%で、立てた戦略を実行してもらうのに時間も労力もかかります。これは意外でしたが、船井総研のコンサルティングの魅力でもあると思います。

Q05. コンサルタントって、ハードワークではないですか?コンサルタントって、ハードワークではないですか?

私が入社する前は残業も多かったようですが、最近は社内でも「働き方改革」が進んでいて、残業は思ったよりずいぶん少ないです。ただ、病院勤務の頃と違うのは、出張が多いことです。私は15件ぐらいのクライアントを担当していますが、エリアは全国なので出張が多いですね。
私は全国色々なところに行けて、美味しいものも食べられるので、出張が苦ではありませんが、出張が嫌な人には厳しいかなと思います。

Q06. やりがいを感じるのはどんな時ですか?やりがいを感じるのはどんな時ですか?

OTの頃は、自分の担当した患者さんが良くなっていくのがやりがいでした。
今は、例えば、整形外科医院で、院長先生が情熱はあるんだけど、「リハのことは良く分からない。リハ部門の立ち上げを手伝ってほしい。」というような場合に、ゼロから立ち上げて、1年ぐらい経って、セラピストも増え、患者さんも増えて、収入的にもプラスになって、院長先生から「北垣さんのおかげで、『リハビリに強い整形外科』というブランドを確立できそうだよ。」と言ってもらえたりすると、とても嬉しいですね。

実際の支援の現場をご紹介

今回は、整形外科クリニックのご支援。 診療の質と売上の向上を目指してのご支援で、現在注力して取り組んでいるテーマが 『理学療法士による運動器リハビリテーションの立ち上げと強化』です。 もともと、PTがいなかった医院様で、PTを2名採用し、先月から運動器リハビリテー ションが始まりました。今回が5度目のご訪問です。

医院に到着

医院に到着。スタッフのみなさんに挨拶をし、本日のご支援が始まります。

11:15

現場視察

診療中の現場を見させていただきます。患者さんの待ち時間は適切か? リハビリがうまく提供できているか? 診察補助がうまくできているか? など、現場を実際に見ることで気づけることが多くあります。私は医療機関での勤務経験があるので、現場の方々の動きを適切に把握したり、スタッフさんとのコミュニケーションをとったりしやすいです。

11:30

休憩・昼食

こちらの医院では、院長、スタッフさんと一緒に食事をさせていただいています。仕事以外の話題で盛り上がったりしつつ、スタッフさんとの関係性を深めていきます。

12:30

ミーティング

昼食後、スタッフ全員でのミーティングを行います。コンサルタントから医院の今月のレセプト数値、新患数、リハビリ単位数など、医院経営の重要なポイントをスタッフの方全員にお伝えします。その内容をもとに、来月以降の取り組みや現場での課題解決について、共有していきます。

全国の整形外科クリニックの現場を見ているので、他院でうまくいった事例を共有しながら行うと、よりミーティングが活性化していきます。また、こちらの医院さんはリハビリ強化がテーマですので、PTさんとのコミュニケーションが非常に重要です。専門職であるPTを多数まとめあげるのは医師にとって大変なことですが、私自身セラピストである視点を活かして、スタッフさんや医師に納得いただける提案を行っています。

13:00

院長とのミーティング

今回の支援の振り返り、今後の方針、などの打ち合わせをします。この日は主に、年内のPT採用計画について。年内にPTを5名までに増員させることとなり、採用サイト・ 採用媒体の内容の見直し、応募数、アクセス数などを話し合います。スタッフには相談するのが難しい院長の悩みを聞くことも多いです。

できるだけ早く院長の目指す整形外科になっていけるよう、スピード感を持って進めていきます。

14:00

終了・帰社

支援終了。会社に戻り、本日の支援内容やミーティングの議事録をまとめて院長に提出します。この日は、帰社して会社の同僚と食事でした。風通しがとてもよく、お互いに刺激し合える社員がたくさんいることも船井総研のいいところです。

16:30

先輩社員紹介

CONSULTANT

リハビリテーションで社会にインパクトをリハビリテーションで社会にインパクトを

北垣 佑一
地方病院
元作業療法士
YUICHI KITAGAKI

首都大学東京作業療法学科卒業後、作業療法士として急性期総合病院に勤務。病院勤務時代は、地域包括ケア病棟・回復期リハビリテーション病棟立ち上げ、病棟患者のADL改善に向けた研究と多職種連携への取り組みに従事。船井総合研究所へ入社後は、病院・整形外科クリニック・介護事業所の幅広いコンサルティングを行っている。

“医療”が好きだから
転職を決めました

前職では急性期総合病院にて5年ほど作業療法士として勤務していました。日々大変ではありましたが、職場環境にも恵まれ、やりがいをもって働かせていただくことができていました。現場で働く中で、医療業界には経営的なアプローチが他業界よりも弱く、強固な経営的サポートがあれば、よりよい医療が多くのかたに広められるのではないかという思いがありました。そして、船井総研であれば、それを実現できるのではないかと思い、転職を決意しました。入社後は、クリニックのコンサルティングチームに配属となりました。最初は、経営に関する知識が乏しかったため、先輩方に負けないよう、書籍を読み漁ったり、先輩の支援現場への同行をたくさん行い、インプットをとにかく増やすことを意識していました。

現場の視点から
新しい価値観を広げていく

現在は、作業療法士としての経験を活かして、主に医療機関における「リハビリテーションの強化」「介護事業への参入・強化支援」などのテーマを強みとして、ご依頼を多くいただけるようになりました。現場へ密着したコンサルティングを武器にしており、前職での経験が大変役立っています。現在は、コンサルティングのソリューション精度を高めるための新たな取り組みを進めていますが、毎日が刺激的で自分自身の成長を強く感じています。

地域に根ざした病院経営を創造する地域に根ざした病院経営を創造する

内田 亮太
地方病院 訪問介護ステーション
元理学療法士
RYOTA UCHIDA

理学療法士として回復期リハビリテーション病院で勤務する傍ら、脳卒中患者におけるQUALITY OF LIFEを高めるためのリハビリテーションについて大学院にて研究。その後は、訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所の事業統括として介護保険分野での業務に従事し、船井総合研究所へ入社。船井総研入社後は、病床転換診断や地域連携強化などの病院コンサルティングに従事。

理事長・院長が目指す医療の実現へ

前職は理学療法士として、回復期リハビリテーション病院で勤務した後に、訪問看護ステーションや居宅介護支援事業所で事業統括をしておりました。私は、「QUALITY OF LIFE(QOL:人生の質)にしっかりと貢献する医療とは何か?」を追い続けていく中でコンサルタントという道に出会い、転職を決意いたしました。現在は、病院を担当させていただいており、プロジェクト型では「病床転換診断」を中心に、月次支援では 各部門長と目標達成に向けてのミーティング、地域連携体制強化、医療品質向上、経営数値改善に向けて、全国の病院を駆け回っています。

やりたいことが実現できる環境

①医療支援部のコンサルティングは、社会性と収益性のど真ん中を追及し続けます。
②医療分野の中でも、病院だけでなく、クリニック、歯科・調剤・治療院等、それぞれの業界に精通したコンサルタントが多数在籍しているので情報が豊富。
③自由な発想で、前向きなチャレンジを後押ししてくれるメンバーがたくさんいる。徹底した現場主義の船井総研のコンサルタントを志望される方々は、皆、アツい想いを持たれています。
①~③を持つ医療支援部には、あなたのその想いを、しっかりと成就できる環境があります。一緒に、医療業界に貢献していきましょう!

在宅医療を通じ地域医療に貢献在宅医療を通じ地域医療に貢献

川口 克洋
医薬品卸 元MS
KATSUHIRO KAWAGUCHI

前職は医薬品卸で、営業・社内戦略立案に携わり、個人営業成績で社長賞を受賞。その後、船井総合研究所に入社。最近ではかかりつけ薬剤師指導料算定、健康サポート薬局作りにおける支援に力を注いでいる。また、前職の経験を活かし調剤薬局の在宅医療参入における、営業戦略立案、組織育成の現場支援を行う。現在はそのノウハウを活かし、訪問歯科参入・拡大を行っており、「食支援」での支援数は歯科ユニットNO.1である。歯科医院の院長の悩みは幅広く、外来から採用を含めたコンサルティングに定評がある。

経営者の想いをサポート

北海道出身。28歳で転職しました。前職は医薬品の営業でしたが、働いていく中で「もっと医療機関に対し経営面で貢献できないか?」「経営者のお困りごとを解決する事ができないか?」と言う想いが強くなり、コンサルティング会社への転職を決意しました。入社後は、在宅医療のコンサルティングチームを志望し配属させて頂きました。入社時はコンサル未経験という事もあり、インプットしアウトプットする事を徹底して行いました。また、何よりも情報や仕事は自ら学ぶ姿勢を徹底して貫きました。現在では多くの素晴らしい経営者様との出会いに恵まれ、経営者様の考え方や、目指していく方向性にあったご提案と業績を上げなければならないという使命感を持って、毎日全国を駆け巡っています。仕事とプライベートの両立をテーマに楽しく過ごしています。

毎日が勝負。昨日より成長できている自分がいる

船井総研は、学ぼうと自分が思えば徹底して学べる環境であり、入社してよかったと思っております。特に業界に特化しており、その業界に精通した方々が多いので、刺激にもなります。一度の人生で、転職を決断し入社したことが更に自分の人生が楽しくなりました。前向きで、勉強好きな方一緒に成長しましょう。お待ちしております。

医療業界の人事制度スペシャリスト医療業界の人事制度スペシャリスト

井上 智弘
医薬品卸 元MS
TOMOHIRO INOUE

前職は大手医薬品卸会社の医療機器営業。調剤薬局を含む医療業界の知識知見を会得。2015年に船井総研に入社し、医療業界の人事評価制度の構築・運用と制度を活用した人材育成、組織開発専門のコンサルタントとして活躍している。制度を作って終わりではなく、評価結果を基にした人材育成や幹部育成、組織開発の運用まで幅広くコンサルティングを行う。企業規模を問わずに各企業に適した人事評価制度のサポートに定評がある。

自身のコンサルティングテーマを確立させる

入社当時からマネジメントのコンサルティングを行っており、特に人事評価制度の構築・運用をメインテーマとしています。メインとなる業界は調剤薬局です。前職はMSとして働き、病院やクリニック、調剤薬局を取引先として営業を行っていました。その現場での知識・経験を活かし、調剤薬局向けに人事制度や業務改善のコンサルティングを行っています。今では調剤薬局業界をメインにしながらも、治療院や歯科医院といった他の業界でのコンサルティングも行っています。

前職以上に医療現場に密着

MRやMS、医療機器営業からコンサルタント?? コンサルティング未経験からの転職?? と不安や迷いを感じている方がいらっしゃるかもしれません。転職を考えている当時の私も同じことを思っていました。しかし皆さんの現場に精通した知識や実際の経験は、クライアントのお役にたてることばかりです。そして、クライアントの経営者の右腕として経営に携わる仕事は他と比較にならないほど充実しています。

中途採用ENTRY

お気軽にお問い合わせください。

担当:人財開発部
[ お電話でのお問い合わせ:03-6212-2929
/受付時間:平日10:00~17:30 ]

船井総研について

ABOUT
過去5年間の成長率
116% 116%

東証1部上場企業の
平均成長率3.1%と
比べて
高い成長率を
誇る

月次支援累計契約社
42,961社 42,961社

日本全国の
中小企業の
約7.7%を支援

コンサル対象業界
100以上 100以上

業界・テーマに
特化した
第一人者が集結し
経営者を支援

社員平均年齢
29.5歳 29.5歳

人財教育体制の充実による
早期戦力化により
多くの若手が活躍

船井総研 医療支援部が
求める人財

TALENT

現在、医療・介護・福祉・教育支援部には、コンサルタント約130名が所属しています。新卒採用が約70%、中途採用が約30%です。中途採用は、医療業界出身者だけでなく、医療業界未経験者も含めて行っています。

求める人財

  1. 医療業界を良くしたいという熱い思いをお持ちの方
  2. 医療業界を良くするために「経営」面からアプローチしたい方、経営に関心がある方
  3. 医療業界の経営者(理事長・院長など)の視点に立って
    考えられる方
  4. 勉強好き・新しい知識や経験を吸収することに貪欲な方

私たちのフィールド

私たちは医療分野で、下記の分野で、それぞれ専門特化したコンサルティングを提供しています。

病院
クリニック(整形外科・
内科・
耳鼻科・眼科・皮膚科等)
歯科クリニック
在宅医療(クリニック・
訪問看護・訪問歯科等)
調剤薬局
整骨院

キャリア採用の
先輩コンサルタントより

元 理学療法士

“現場感”は、現場スタッフとPDCAを回す際に、大きな武器となります。しっかり現場を抑えて、経営者が目指す、理想の医療現場を創造できるコンサルタントを目指しましょう。

元 MS

「医療業界での営業経験有」と言う方は大きな強みになると思います。営業から経営者のパートナーへ!経営者に寄り添えるコンサルタントを一緒に目指しましょう。

元 MS

専門資格を持っていなくても、MRやMS、医療機器営業などの経験者が在籍しています。医療現場に精通し、コンサルティングに興味がある方を募集しています。

船井総研 医療支援部の
コンサルティング5つの特徴

FEATURE
FEATURE01

現実主義現実主義

私達は医療分野に専門特化してコンサルティング活動に従事しています。日々全国のクライアント様の現場で生まれる生の成功事例や失敗事例に向き合っているため、豊富な現場事例がドンドン蓄積されていきます。日々刻々と変化する現場最前線の生の変化(繁盛ルール)を把握しながら、クライアント様へ提案しております。これからも私達は現場主義を大切にコンサルティング活動に従事していきます。

FEATURE02

長所伸展長所伸展

短所是正ではなく、長所を伸ばすことが船井総研のコンサルティングの伝統です。自院ならではの強み(長所)を作り、自院ならではの強み(長所)を伸ばすことが業績アップにつながります。例えば、病院のコンサルティングで、伸びている診療科と伸び悩んでいる診療科があったとすると、不調の診療科を「普通」にすることよりも、伸びている診療科を、更に突出して伸ばします。それはコンサルタント育成でも同じこと。それぞれ皆、長所もあれば、短所もあるもの。上司は短所を是正するよりも、長所を伸ばして、活躍できるコンサルタントに導いてくれます。

FEATURE03

社会性と収益性のど真ん中を追及社会性と収益性のど真ん中を追及

私たちが追求しているのは、「社会性と収益性のど真ん中」。医療機関だからと言って、数字はどうでもいい、赤字を垂れ流してもよい筈はありません。一方で、収益性だけを目指すのももちろん違う。地域の患者さんや地域社会に最大限の貢献をすることと、健全な経営体としての収益を確保すること、この2つを同時に追求しています。

FEATURE04

鳥の目・虫の目鳥の目・虫の目

私たちが目指しているのは、日本の医療をより良くしていくこと。そのためには、鳥の目で、日本の医療を見つめることが必要です。しかし、私たちは大上段に政策提言をして、日本の医療を変えていくのではありません。1件1件の医療機関と向き合いながら、1人1人の理事長先生、院長先生と向き合いながら、もちろん、スタッフさんを巻き込んで、1件1件の医療機関を変えていきます。

FEATURE05

長いお付き合い長いお付き合い

船井総研のコンサルティングの特徴は、10年を超える長いお付き合い。コンサルティング業務の90%は短期間のプロジェクトではなく、月次支援(いわゆる継続的な顧問契約)。短期的な経営改善をしながらも、10年後、20年後を考えて、コンサルティングをしています。長いクライアント先では、10年、20年のコンサルティングの中で、理事長が親から子へ事業承継されることも。短期間で結果を出す。そして、長いスパンで、クライアントパートナーになる。それが私たちのスタイルです。

キャリアパス・モデル年収

CAREER
船井総研では、「3~5年で、一人前のコンサルタントに育成する」ことを目指しています。ステップアップされる年次などは、これまでのご経験や能力、頑張りにより、異なりますので、あくまでも目安としてご参照ください。
勤続年数
役職 育成ビジョン
入社
1~3
年目
一般
  • まずは上司・先輩が担当しているクライアントにアシスタントとして加わり、OJTで船井総研のコンサルティングの基本をしっかりと体得して頂きます。5~10件程度をクライアントを同時並行で担当して頂きます。
  • また、OJT以外に社内で、コンサルティングノウハウの研修も受講頂きます。
入社
2~4
年目
アシスタント
コンサルタント
  • コンサルティングスキルを身に付けて頂いた段階で、自分が主任でクライアントを担当していきます。
  • アシスタントコンサルタントは、案件の半分程度が自分が主任の案件、他の半分が先輩が主任の案件、というイメージです。
入社
3~5
年目
経営
コンサルタント
  • 経営コンサルタントは、多くの案件を自分が主任で担当します。
  • また、経営セミナーを開催するなどして、新規クライアントを増やしていきます。
入社
4~7
年目
チーフ経営
コンサルタント
チームリーダー
  • 早い方では3年目でチームリーダーになる方もいますが、平均的には4~7年目でチームリーダーを任されます。
  • チームリーダーは、プレイングマネージャーとして、クライアントのコンサルティングを担当しつつ、チームメンバーのマネジメントを行います。

募集要項

REQUIREMENT
募集職種 医療経営コンサルタント(経営コンサルタント職)
給与 月給22万円以上※規定により決定
【年収例】
813万円/月額44万円(月給35万円+各種手当)+賞与/入社4年目
1029万円/月額44万円(月給35万円+各種手当)+賞与/入社4年目
福利厚生
  • 昇給年1回
  • 賞与年2回
  • 交通費支給(月5万円迄)
  • 各種手当
  • 社保完備
  • 従業員持株会
  • 企業年金
  • 育児休業制度
休日休暇
  • 週休2日制(土・日)
  • 年末年始休暇
  • リフレッシュ休暇
  • 慶弔休暇
  • 有給休暇

勤務地 東京・大阪のいずれかの拠点 ※希望を考慮します。
東京本社
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
「東京駅」「大手町駅」すぐ
大阪本社
大阪市中央区北浜4-4-10 船井総研大阪本社ビル
「淀屋橋駅」「肥後橋駅」すぐ
職務内容 これまでの仕事で培ってこられた自分自身の強みと船井総研のコンサルティングノウハウを活用しながら、経営に関するアドバイスを行っていただきます。また、改善案の提案だけにとどまらず、実際に現場に入り、改善策を実践・定着させるところまでを追求していきます。
所属組織 当社では、各チーム毎に専門領域を持ってコンサルティングを手がけています。希望があれば、チームの専門領域に縛られずに、成長の機会を求めて、幅広い領域のコンサルティングを掛け持ちすることも可能。自分が興味を持っている分野のコンサルティングを手がけ、伸ばしたいスキルを磨くことができます。
将来のキャリアパス どこに出ても通用するだけの確かな実力が身に付くことはもちろん、これまでのコンサルティング実績を元に、将来は講演会の開催や書籍の出版などを通して、活動範囲をより一層広げていくことができます。
採用の流れ 書類選考後、一次~三次面接を行い、内定となります。
※通常、内定まで1ヶ月ほどを想定しています
よくあるご質問
(経営コンサルタントとして)未経験者なのですが…
これまでのご自身の経験をもとに、今後のキャリアビジョンの中にコンサルタントになりたいという覚悟があれば、未経験でも問題ありません。弊社には未経験でも、経営コンサルタントになっている者が多く在籍しております。
入社前に何かできることはありますか?
船井総研に関する本は多く出版しております。その他、コンサルタントブログなどWEB上でも多数情報を出しておりますのでご興味ありましたら、一度目を通していただけたらと思います。
選考までにかかる日数はどのくらいですか?
ご応募いただいてから内定までに、書類選考⇒一次選考⇒二次選考⇒三次選考⇒内定 という選考プロセスを経由していただき、1ヶ月前後を目処に選考を進めております。選考の日程などで内定までにお時間がかかる場合もございますので、その旨ご了承ください。
勤務地が遠隔のため、WEBカメラにて面接を行いたいのですが可能ですか?
基本的には対面による面接となっております。しかし、やむを得ない都合がありましたら対応いたしますので、エントリー後にご相談ください。
お問い合わせ先 その他、何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
【担当】株式会社船井総研ホールディングス 人財開発部
TEL:03-6212-2929/06-6232-0191
E-mail :

中途採用ENTRY

お気軽にお問い合わせください。

担当:人財開発部
[ お電話でのお問い合わせ:03-6212-2929
/受付時間:平日10:00~17:30 ]

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY