BUSINESS/ 事業を知る

他社との違い

船井総研は、経営者をサポートする独自のコンサルティングスタイルを築いてきました。
幅広い領域を扱いながらも、高い専門性と現場を大切にするコンサルティングは、船井総研ならではのクオリティです。その秘密を紹介します。

船井総研のポジション

種類別コンサルティングの特徴

種別 概要 手法
外資系

少数精鋭のコンサルタントが、プロジェクト型で企業の経営課題を解決。論理的・実力主義で戦略系とも呼ばれる。

顧客
  • 大企業
  • 多国籍企業
規模
  • 大規模
  • プロジェクト型

  • ソリューション提供

総合系

さまざまな業界・業種のコンサルティングを、各領域の専門家が協力して行う。グローバル案件や統合・合併が多い。

顧客
  • 大企業
  • 多国籍企業
  • 官公庁
規模
  • 大規模
  • 専属チームによる一貫支援

シンクタンク系

主に銀行、証券会社など金融業を母体とした、研究機関の色合いが強いコンサルティング。分析調査や政策提言を行う。

顧客
  • 大企業(金融業)
  • 官公庁
  • 地方公共団体
規模
  • 大規模
  • 市場調査

  • 政策提言

  • 経営戦略立案

IT系

企業の業務課題解決に、システム構築や運用サポートの面からアプローチする。業務基幹システム(ERP、Enterprise Resource Planning)の導入を提案、実現。

顧客
  • 大企業
規模
  • 大規模
  • プロジェクト型

  • システム設計・運用

船井総研・国内独立系

クライアントの経営相談を通じて業績アップを支援。現場主義で、経営者に寄り添う実践的なコンサルティングが特徴。

顧客
  • 大企業
  • 中小企業
規模
  • 中規模
  • 独立系ならではのコンサルティング手法

種別 概要
手法
外資系

少数精鋭のコンサルタントが、プロジェクト型で企業の経営課題を解決。論理的・実力主義で戦略系とも呼ばれる。

顧客
  • 大企業
  • 多国籍企業
規模
  • 大規模
  • プロジェクト型

  • ソリューション提供

総合系

さまざまな業界・業種のコンサルティングを、各領域の専門家が協力して行う。グローバル案件や統合・合併が多い。

顧客
  • 大企業
  • 多国籍企業
  • 官公庁
規模
  • 大規模
  • 専属チームによる一貫支援

シンク
タンク系

主に銀行、証券会社など金融業を母体とした、研究機関の色合いが強いコンサルティング。分析調査や政策提言を行う。

顧客
  • 大企業(金融業)
  • 官公庁
  • 地方公共団体
規模
  • 大規模
  • 市場調査

    政策提言

    経営戦略立案

IT系

企業の業務課題解決に、システム構築や運用サポートの面からアプローチする。業務基幹システム(ERP、Enterprise Resource Planning)の導入を提案、実現。

顧客
  • 大企業
規模
  • 大規模
  • プロジェクト型

  • システム設計・運用

船井総研

国内独立系

クライアントの経営相談を通じて業績アップを支援。現場主義で、経営者に寄り添う実践的なコンサルティングが特徴。

顧客
  • 大企業
  • 中小企業
規模
  • 中規模
  • 独立系ならではのコンサルティング手法

クライアントは日本企業の多くを占める中小企業が中心。そのため若手コンサルタントでも経営者とじっくり向き合い、ソリューション提供にとどまらない経営相談や実行支援の経験を積んでいけます。中小企業診断士取得や独立を目指す人にとっても、成長の機会豊富な環境です。

船井総研の
独自コンサルティング手法

月次支援

月に一度クライアントを訪問し、経営者に直接コンサルティングを行うサポートです。船井総研全体の業務売上の70%以上を担う、主力といえるコンサルティングになります。

通常1年の契約を毎年更新するものですが、10年以上のお付き合いのある企業は100社を超えており、確固たる信頼を得ています。

船井総研の
コンサルティング業務の割合
(2017年12月期
決算概要資料より)

月次支援

70%

経営研究会
・セミナー

15%

プロジェクト

6%

その他

9%

船井総研の月次支援のミッションは、「提案をするだけではなく、確実に成果が出るまで支援する」こと。現場主義を軸として、コンサルティングを経て決定した施策を現場にも浸透させることで、企業全体の課題解決を行います。

直接の訪問はもちろん、綿密な連絡やホットライン開設により、クライアントの懐に入る親密なコンサルティングを提案します。さらにコンサルティングサービスの一部として、定期的な進捗確認を行うことで確実な成果を出すことが、他社とは一線を画す特長です。確実に成果を上げるプレッシャーは大きいものですが、クライアント企業の経営者・社員と一体となって達成感を得られるのは、船井総研のコンサルタントならではです。

経営研究会

私たちはテレアポや飛び込み営業を行っていません。それではなぜ若手コンサルタントが、船井総研のコンサルティングを必要とする経営者と出会えるのか。その第一歩となるのが、業界の最新情報を得られる経営研究会です。

現在、不動産や福祉、金融や自動車など多岐にわたる業種・業界の150の経営研究会を、コンサルタントが主催しています。会員は中小企業の経営者6,115名以上、業界の「生きた最新情報」を交換する場です。若手コンサルタントは、先輩コンサルタントが開く経営研究会の運営サポートを行いながら、経営についての理解を深め、経営者と関わるきっかけを得ることができるのです。

経営研究会では、鮮度の高い情報を共有する「定期例会」、最新事例の現場に実際に訪れる「モデル企業視察」、1年間の振り返りや表彰を行う「研究会総会」を行っています。日々自分の知識をアップデートしながら、経営研究会を主催できるような特定業種・テーマの第一人者を目指します。

船井総研主催の経営研究会の概要

業種別
経営研究会
000回開催
入会者数
0000

経営セミナー

経営研究会と並んで、経営者とマネジメント層を対象とした、旬のビジネス情報を発信するセミナーも数多く実施しています。私たちコンサルタントは各分野に精通した講師として、具体的な事例やノウハウを、豊富な知見にもとづいて提供しています。

船井総研主催の経営セミナーの概要

若手コンサルタントが初めて講師として登壇するのは、先輩コンサルタントが開催するセミナーの一講座です。この場でセミナー参加者から受ける経営相談が、コンサルティングの最初の一歩です。先輩と相談しながらも主体的に講義を行うことで、経営相談のプロとしての歩みを進めていきます。

2017年度には、年間593件のセミナーを開催しました。高い専門性を誇るコンサルタントが集まっている船井総研だからこそできる、機会創出です。

船井総研の
「ズバリソリューション」

船井総研が提唱する、「いま実践すれば飛躍的な業績向上を狙える、時流に合ったビジネスモデル」=ズバリソリューション。机上の空論ではなく、具体的にいますべきことが明確で、短期間で成長が描けることが何よりの特長です。その業界に強いコンサルタントの分析力を生かし、縮小する市場にあっても売れ行きのいい商品や価格帯を見つけ出し、「長所を伸ばす」姿勢で集中的にサポートします。

投資回収が早く、経営者が新たな専門知識を仕入れる負担もない、機動力の高さがズバリソリューションの強みです。商圏ごとに横展開が可能なこのビジネスモデルは、中小企業にとって負担が少なく、効果も比較的早く実感できます。フードサービスなら旬の「肉バル」、自動車産業なら軽自動車の販売特化、といった提案で、業績を伸ばした企業が多数あります。

船井総研が提唱する、「いま実践すれば飛躍的な業績向上を狙える、時流に合ったビジネスモデル」=ズバリソリューション。机上の空論ではなく、具体的にいますべきことが明確で、短期間で成長が描けることが何よりの特長です。その業界に強いコンサルタントの分析力を生かし、縮小する市場にあっても売れ行きのいい商品や価格帯を見つけ出し、「長所を伸ばす」姿勢で集中的にサポートします。

船井総研のビジネスモデル
「スバリソリューション」

幅広いコンサルティング領域

一人ひとりが高い専門性を持ち、そのコンサルタントが集まることで他社にはない多様な業界をカバーする。これが船井総研の「幅広さ」を生み出します。

経験の少ない新人コンサルタントが、ビジネスの荒波を乗り越えてきた経営者と向き合うのは、通常は困難なことかもしれません。広く浅いコンサルティングではなく、新人のうちから「これだけは誰にも負けない」という強みを身につけていく成長過程があるからこそ、選ばれるコンサルタントになれるのです。

船井総研は研究会やセミナーを通じて、常にコンサルティング領域を拡大しています。「どのような業種・テーマの相談が寄せられてもスペシャリストが対応できる」ファームを目指し、成長を続けるのが私たちの姿勢です。強い向上心を持ってビジネスの最前線を走り続けたい方が、常に高みを目指せる現場がここにあります。

一人ひとりが高い専門性を持ち、そのコンサルタントが集まることで他社にはない多様な業界をカバーする。これが船井総研の「幅広さ」を生み出します。

船井総研の
コンサルティング領域イメージ


BUSINESS/ 事業を知る

現場力×ズバリソリューション

PROJECT STORY
/ プロジェクトストーリー

プロジェクトストーリー

事例

01

事例

01

真の「経営者」コンサルティング事例 01

パートナーとして永続的に成長を後押しする

株式会社不動産SHOPナカジツ

新卒採用ENTRY

NEW GRADUATES

中途採用ENTRY

CAREER

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY

新卒採用
ENTRY

中途採用
ENTRY